なぜここまで、ニートが増えたのでしょう

なぜここまで、ニートが増えたのでしょう。
それは労働に対する意識の変化にあるのではないかといえます。
昔なら「働かざるもの食うべからず」というのが当たり前でしたが、
現在は、自発的失業者へ国家からの救済が制度化されていることで、風潮が変わってきているのかもしれない・・・と言ったらいいすぎでしょうか。
また、働きたいという意欲がない若者が多いのはなぜでしょう。
働くことが楽しいと思えるような、大人の見本がないことにも問題があるのではないかとの見方もできます。

ビジネス 関連情報

地震などでは、対応が遅れなどによる人災もよく言われていますが、二次災害として津波や火事も有名ですよね。 簡単に言えば建築基準法とは、ひとりひとりが快適に、かつ安全に過せるように、敷地などを含めた建築物の最低基準ということになるようですね。 1950年に建築基準法が制定されてから現在までの50年強にわたる間に、木造住宅だけでも約10回ほども建築基準法は改正されています。 また、家具などに挟まれたり、下敷きなどになって被害にあわれている方も多かったですね。