熱くならずにロスカットりをあっさりとする

逆に読みが当たった時は、さすがプロと言うくらい益を上手く出している。

プロは、マイナスを限りなく小さく、そして益はなるべく大分に得られるアプローチを考えている。

たとえマイナスをする割合が多くて、負けが6割勝ちが4割でも負けた分だけ益を上げるアプローチを行っている。

極端な話し、勝ちが2割など非常に小額の割合だとしても、トータル的に見るとマイナスをしないようにトレードしている。

金融と投資 関連情報

保険業法で事実上禁じられている保険事業の分割譲渡について、金融庁は今秋、金融審議会(首相の諮問機関)で規制緩和の検討を始めることが25日分かった。保険会社の経営の柔軟性を高める狙いだが、業界再編の引き金になる可能性も高い。 個人向け国債は、大手行、証券会社などの間で販売競争が激化し、商品券贈呈などのキャンペーンを行うところが多い。同行は今年6月の販売時にも、二酸化炭素の排出権取得を組み込むなど、環境問題への取り組みを積極的に打ち出して差別化を目指す。申し込みは、店頭のほか、インターネットのホームページ上では24時間受け付ける。 保険業法は、保険会社が自社に不利な契約を経営基盤の弱い同業者に売却したり、子会社に押しつけるなど、契約者に不利な事業譲渡ができないよう、保有契約の部分譲渡を制限している。 ただ、07年1〜3月期の証拠金に対する取引額の倍率は平均で証拠金の8・5倍だったが、08年1〜3月期には5・7倍へ下がった。