熱くならずにロスカットりをあっさりとする

逆に読みが当たった時は、さすがプロと言うくらい益を上手く出している。

プロは、マイナスを限りなく小さく、そして益はなるべく大分に得られるアプローチを考えている。

たとえマイナスをする割合が多くて、負けが6割勝ちが4割でも負けた分だけ益を上げるアプローチを行っている。

極端な話し、勝ちが2割など非常に小額の割合だとしても、トータル的に見るとマイナスをしないようにトレードしている。

金融と投資 関連情報

ただ、07年1〜3月期の証拠金に対する取引額の倍率は平均で証拠金の8・5倍だったが、08年1〜3月期には5・7倍へ下がった。 地元経済界から、中小・零細企業に対して金融機関の貸し出し姿勢が厳しくなっているとの指摘があった。これに対し、白川総裁は「(景気が停滞している中で)金融機関が信用リスクの評価について新しい目線で見ることは当然で、全体としてどうなるかを注意したい」と述べた。 針葉樹のアカエゾマツの苗木を同行が購入し、環境保全団体を通じて2010年秋に植栽。樹木は北海道大学に帰属する。国債を100万円以上購入した顧客には、植林番号が記載された証明書が発行され、現地で“自分の木”を確認することも可能だ。 みずほコーポレート銀行は今年1月に米証券大手メリルリンチに約1300億円を出資するなど海外戦略を強化。三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行も欧米の金融機関との連携を強めており、邦銀の海外攻勢が加速している。